2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.23 (Wed)

反省。

長すぎるだろ、下の記事…3000字こえてたよ。

本来なら自分も同じように好きなのだから、一緒に楽しめればいいのに、
結局それができない自分の歪み方を露呈しているだけになっているという。

ちょっと前まで、深夜にわりとついったーで自分語り連投してたんだけど、
最近フォローした方々が深夜クラスタなので恥ずかしくて連投できなくて
ブログに投下してしまった。

どのみち3000字も連投は無理ですが。自分で自分がうざくなるレベルになってしまう。

とりあえず、これからも自分語り連投したくなった時は、
一呼吸おいて、ついったーでおさまる範囲の話なのか(誤解なく自分で伝えられる自信があるか)
ブログで書いた方がいい話なのか、
判断してから書こうと思いましたまる

関係ないけど普段ついったーで読んでる方のブログとか長文
たまに読むと新鮮で面白かったりする。

あともう少しこっちでもオタ的な話書きたいね…
それこそラノベの長文感想とかブログいいじゃんね、ネタバレ配慮できるし。
今一番書きたいのは、卒業旅行でいった香港の話と、
行の飛行機でみたソーシャルネットワーク(?だっけ)の話だけど。
スポンサーサイト
03:36  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.23 (Wed)

ある物事に対して自分より好きだと思われる人がいると自分の気持ちが萎む現象について

自分への戒めと気持ちの整理を兼ねて。
タイトル以上にこの現象(?)について適当なネーミングがなかった。
天邪鬼とも少し違う気がする。

事の発端は、シャワーを浴びる前あたりからHigh School Loveという曲が脳内再生し続けていたこと。
ポップン14フィーバー初出、のちにIIDXにも移植されるDJ YOSHITAKAの曲であり、
お気に入りの曲の一つである。

それをきっかけに、
かつて自分がそこそこ音ゲーをヘビーなゲーマーほどではないにしても
ほぼ毎日ゲーセン通いをしていたほどには好きだったのに、
それをしなくてなってしまった理由を考えていた。

単純な理由として、
・これ以上の上達も見込めず飽きがきた(マンネリ化)
・IIDXのカードの期限がきれた(だいぶ前)
・お金がない(現状、同人誌を優先しているためその結果)
があげられるが、大学生になってからを振り返って最も影響があった理由は、

・サークルでであった友人が、自分よりヘビーな音ゲーマーだった
(当然、プレイ回数も実力も、IIDX・ポップンともに自分より上)

これだという結論に至った。
実力差がどうこうというより、音ゲーに対して楽しむペースが完全に違うと感じたのだ。
それでは、最初からまったり勢だったのでは…?という疑問もうまれるが、そうではない。

私は確かにその友達と出会いゲーセンで遊ぶまでは、
自分の通学に使う路線にあるゲーセンを巡る程度には
音ゲーに対する情熱は残っていたのだ。(大学1年時)

また、自分にとってこの現象は音ゲーに限った話ではないと気づいてしまった。

自分が楽しんでいるある物事があった時に、
自分よりもそれに傾倒している―楽しんでいる人が身近にいて、
そのような人を見続けたり接し続けることで、
自分自身にあった楽しむ気持ちが萎んでしまうということに。


以下は、上記の結論に至るまでの過程である。
なお、これは自分の気持ちの整理であり、特定の人物を批判するものではないということをご了承いただきたい。
03:25  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。