2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.22 (Wed)

MW見てきた。

20日に、羊嬢と見てきました(*´ω`)

思ったより、衝撃的で、余韻が1日くらいあったような…

ヤフーのレビューとか、某所の感想見ちゃうと純粋な感想が失われそうな気がするので、
(てかちょっと見てしまった…思ったより批判多くて驚いた)
原作未読(だが、同性愛があるとか、予告程度は知ってる)な
自分の1回目見たかんじの感想を、とりあえず書きたいと思います。



wikiとか見て、大雑把なあらすじ+あまり面白いとは思わなかった6月の特別ドラマしか、
前知識はなかったわけですが。

結論からいうと、面白かった。
というか、良い意味で刺激的で。

以下、感想になりますが、だいぶ腐女子目線が入っています。(映画に沿ったものですけれども)
また、多くのネタバレを含みます。
ご注意ください。

【More・・・】


キャスト良かったと思う。みんなキャラたってて、これ誰?ってことにはならなかった。
原作読んでいると、きっとまた違うんだろうなーとも。
というか、恐らく酷評がわりとあるかんじなのは、原作を読んだ人は、
やはり手塚大先生が描いたわけですから、
面白く、思い入れもあるだけに、原作と比較してしまうんだろうなと。

というわけで、この映画に関しては、映画⇒原作といった方が良いと、
個人的に思います。
(まだ原作を読めていませんが、これから読むつもり…)


ただ、キャストが良かったからこそ、同性愛要素、がっつり入れて欲しかったな~
二人も、そのつもり?でわりと演じていたようだし。

本当、途中賀来が結城を介抱するとこ良すぎてニヤニヤをとめるのに必死だった。
賀来の「俺はお前がいればそれでいい」とか、
結城の「お前は俺を裏切らない」とか、もうね。
やばいでしょ。この信頼関係。というかなんというか。

肩に置かれた手の、腕を掴むところとかね。
あれはただならぬ関係を表すのに一役かっているわけですが、
おかげで、新たな世界への扉が開いてしまいましたよ。


東急にあった、複製原画?的なものを見たら、
結城はイメージからそう外れてないものの、賀来とかこれなんてゴルゴwwだったので、
(結城はあえていうなら、ルパン+次元÷2という印象←見た目ね)
もし、キャストの容姿での、同人あるなら私は買いに行きますよ2009夏。


グロテスクというか暴力描写は中々激しく。殺すシーンも多々ありますが、
一番グロいなあと思ったのは、口枷外したら喉切るように細工してあったやつかな。
血があまりにも出てるから、本当一瞬、は?→うわああああってなった
結城にはめられて、口枷外してしまった賀来カワイソス
そして殺された人カワイソス
(個人的に、一番大したことしてないのに相当かわいそうな殺され方したと思うこの人…)


あと、記者の女の人が死ぬ間際の、

村越神父が恐れたのは、国家じゃない
俺だよ

っていうセリフが一番印象に残った。(セリフ微妙に違っているかもですが)

あれは、玉木宏完璧に悪魔でしたね。
本当、彼はカッコ良かったよ全編通して。
千秋先輩もいいけど、結城の方が好き。というか完璧悪を突っ走ってて、いっそ気持ちいい。




とりあえず印象深かったことをずらずら書きましたが、
あとはひたすら、最初の方から思い出せるだけ書きますか。

冒頭、雛見沢大災害思い出したw(友達も同じこと思ってた)
ここ、うまく二人とも逃げ切れていたように見えたので、
途中まで、結城がガス吸ってたことわからなかったぜ。

タイ。帽子を被らせてエレベーターに乗せる作戦、中々面白かったんだけど、
某所とかの感想見ると、2~3回見てる人が多いからか、粗さの指摘が。
だがしかし普通になるほどと思っていた…自分

カーチェイス。
色々、入れ替わりがうまいですよね
本気で汗がシャツに滲んでて、刑事役の方乙
しかしこれ現地で撮ったんだよねこれすごいね
白スーツの玉木イカス
1億円は色々計画?進めるための資金に結局してた、ってことだよな。


以下ほぼ自分用ダイジェスト。

親子殺し:娘を利用。娘の前で父親殺すのと、父親の前で娘殺すのはどちらがry)
→1億円強奪
→部長をはめるため望月への賄賂
→部長拉致殺し
(鬼畜。拉致時ネクタイで口をふさぎ、手錠かけ、汚職のニュースを見せ、MWについて証言させるため、ビルから吊り下げ。証言終わったら縄を切り、指を突いて落下)
((→部長殺す前に、たちばなさん?は殺されたのだっけ?(この時賀来を利用)一番えぐい))
→記者の女の人、故川村記者の手帳を発見
→結城、賀来、記者で島へ
→島探索。貯水池にMWを発見
→監視カメラで賀来と記者が捉えられ軍のヘリが
→賀来逃げるも崖から転落→記者隠れるも結城に見つかる
→直接ではないが結城、記者を殺す
→大分前に川村も殺してたことが発覚
→賀来を結城おんぶ
→帰りの船で賀来海に落とされる
→教会のおにゃのこと子供利用し、人質をとりムウのサンプルを強奪
→飛行機に乗り込み(運転してる人撃たれた。最終的に死亡のはず)
→賀来飛行機に乗ってて、MWをめぐり揉み合いに
→賀来MWと海に落ちる
→飛行機爆発



後日。
望月議員、民自党wの会見中にスモーク騒ぎ。
案の定生存していた結城が仕掛けたもの。

以上。


ちなみに
賀来は、結城が生きてたし、MW回収してたっぽいから生きてる可能性もあると思う。
ただし、教会のおにゃのこが、賀来のロザリオ持っていたから、遺品扱いなのでしょうかね。

結構、続きができそうなかんじの終わり方でしたね。
なもんだから、想像力(妄想?)が刺激されまくりです。

にしても改めてみると、被害者の数パネェ…
もう復讐ってレベルなのかこれは。
という人まで殺してしまっていますよね。
結城は全く罪悪感とかないっぽいし。
MWも怖いが、一番怖いのはMWによる結城の豹変ぶりってことなんだろーな


以下結城と賀来的な意味でおいしかったとこ
・シャワーシーン(これはどちらかというと玉木ファン向けですなw
・結城発作で真っ先に賀来に電話
・介抱
・賀来に人殺し荷担させたとこ
・結城、賀来をおんぶ
・船上の揉み合い+落としてからの微妙な心境
・賀来上陸した時に真っ先に結城に電話
・飛行機上での揉み合い+賀来落下時の結城の表情

それと、島で見つかったときに賀来が逃げ出したのは、
ふつーに結城がいるのを知られないため=結城に危険が及ばないための配慮でいいのかな?
と見てて思ったんだけど、色々なとこの感想みると、その解釈で良かったらしい。




とりあえず今後の予定として…原作読みたいのだがいかがすれば。
(ジュンク堂と、K-BOOKSにはなかったよ)
映画だと、雰囲気?的に、結城×賀来だけど、原作だと賀来×結城みたい。
ビジュアル的に納得w
歳の差も原作はあるみたいだし。
(映画は確か同い年?だったかなー)

あと文庫版、ビジュアルブックも買おうか迷い中。
色々、映画ではわからなかったorわかりづらかった設定なども補完できるらしいし。

DVD出たら買ってしまいそうだよ、本当余韻がハンパないこの映画。
もういちどみたいけど、最低1000円はするし、それならDVD買って何度も見たいかも。
それだけ、衝撃的でした、私にとって。

テーマそのものが、色々、深く考えさせられるものだし、
結城と賀来の関係性もたまらんし、要するにキャラもストーリーも全て面白かったわけで。
(いや、まあ手塚治虫原作だから当然といえば当然だし、
映画よりも原作の方が面白いのだろうけれども)

何が正しいのか、については…もう与えられる情報を鵜呑みにせず、
自分でつかまなきゃいけないってのは、ネットでは常識だったけど、
これは現実でもそうなんだよね。

なんかもっと色々書きたい気もするし、言葉にならない気もするし…
とりえあず長くなってしまったので、この記事ではここまでにとどめたいと思います。
また何か書きたくなったら随時書こうと思います。まずは、原作読みたい!ですね

テーマ : MW-ムウ- - ジャンル : 映画

01:29  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://airbell.blog99.fc2.com/tb.php/267-eef8cc0c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。