2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.16 (Fri)

「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」感想

1/14に見てきました。
以下ネタバレ含んだ感想なのでご注意を。

ひとまず現時点で思う事を全部書いたかんじなので、
例によって長い上、いつにもましてまとまりがないかもしれません。
後ほど追記したり修正するかも。

【More・・・】



SF刑事モノというより、洋画のアクション映画っぽいという印象。
格闘、銃、ドローン(メカ)での戦闘シーンに力入ってた感。
ドミネーター最初の方と最後の方だけ活躍。
友達はサイコパスっぽくない、戦争っぽいと言っていた。

海外でかつシビュラ運用もまだはじまったばかりで、
きちんと統制とれてないなら、まあそうなるかな、と今書いてて思った。
シビュラ運用が完全になされた世界でないと、
サイコパスぽい話は本領発揮できなさそうだなと。

しかし終わった後の、なんともいえない空気感すごかったww
えーっと…なんて感想を言ったらいいのか…的な
結構人いたのに出るまでほとんど誰も何も発さないというww
話がつまらなかったとか感想がないとかじゃなく、
色々あったり咀嚼に時間かかる系だからそうなった気がする。
詳しくは最後の方で。


R15だけど、グロさはサイコパス2が大丈夫な人は余裕だと思う。
個人的には2のがこう、こみあげてくるグロさがあった。
それと比べたら映画はそんなでも。

ニコラス爆散のときはちょっとグロかったかな?
でもなんかあれ上半身ふっとんだの以外どうなってんのかようわからんかった。
めっちゃ光ってて(ぼかされてた?)。髪の毛含めぐちゃってたのかなアレ。


戦闘シーンについては、迫力はあった。
けど、個人的にはあんまり燃える!ってかんじではなかったかな。
これはかなり好みによって評価わかれるかも。
作画的な意味ではまどか叛逆のほむらVSマミさん、
話の流れ的な意味では楽園追放のラストバトルのが燃えた。


ちょいちょい完全に理解できているか(特にシビュラとの会話辺り)怪しいんですが、
話の流れはわかった。
以下、話を思い出しつつの感想。



・ダンゴムシめっちゃ便利

・メモリースクープ強制的にやらされた?人かわいそす
ここも顔がちょっとグロかったかも

・朱ちゃんの新しい部屋、前とだいぶ違うね
相変わらず煙草の煙吸ってる
サイコパス2とちゃんと繋がってるという印象

・朱ちゃんが海外行く時、宜野座さん同行申請却下されて、
「狡噛に会ったら代わりに一発殴っといてくれ」
「連れて帰ってきたら宜野座さんが直接殴ってください」
みたいな会話してたけど、ここ見てたときは
まさか宜野座さんと狡噛さん会って本当にギノパンチがお見舞いされるとは思わなかったw


・狡噛さん元気そう?で何より。
前より鍛えられている・・(環境が過酷だからだけど
そして、いくら鍛えているといってもその狡噛さんと鉢合わせた時
互角にやりあった朱ちゃんもほんとう強くなったなwwと。

しかし話のピークが狡噛さんと朱ちゃんが会うまでだった感ある。
そこまでは結構ワクワクしながら見てたんだけども。
なんだろう、狡噛さんと朱ちゃんが色々ありつつ最終的に決着つける話かと思いきや
なんか二人とも色々巻き込まれ系だった的な?
「あれ、せっかく会ったのにすごい巻き込まれてってるし
二人とも死ぬことはないだろうけど、これどう話展開してどうおさまるんだろう??」
と思ってるうちに、「ああそういうことか」と納得したところで終わり的な


・拷問受けてる狡噛さん痛そうでかわいそう
銃に酒かけてたのってあれなんの意味があるんだろう
なんかのオマージュなんだろうか?酒もったいない

・狡噛さんせっかく朱ちゃん逃がした時、
また捕まえにこい的なこと言ってかっこつけたのに
ヘリポートでまた顔合わせることに・・w


・槙島でた瞬間思ったこと→きたー!また狡噛さん槙島の幻想見てる・・ww
自問自答なんだろうけど、
「死人は黙ってろ!」ひどいwwお前の幻想やろwwと
まあでも槙島出てきて嬉しかったよ!
ああやって狡噛さんはたまに槙島と問答してんのかなー

微妙に朱ちゃんとの夜会話してたときも
槙島のことを完全に理解してるの狡噛さんだけなのかなやっぱ感醸し出されていた
槙島は狡噛さんの中で生きているねえ

あと、オーディションで雛河役決めたとはいえ、
槙島一応出るから雛河くんのCV櫻井さんなのかな?と。
だって劇場版キャストに名前あったら、槙島出るの!?って思っちゃうし。
(名前あっても回想だけって可能性もあるとはいえ)


・ニコラス爆散
先週楽園追放みたせいで同じCV神谷さんでも落差ぱねえ

しかし、この人なんかもっとちょい役ってイメージあったから
あんなにラスボス扱い?とは思わなかったな。
仮に悪い役としてもさらに上にいそうなかんじというか
思ったより重要なキャラだったんだな感。

友達はCVの時点で絶対なんかある、と思ったらしい。
私があんま悪役だと疑わなかったのは、楽園追放先週みたせいもあるのかも
(あっちは散々悪役かもと疑った結果いいやつだったっていう・・)

彼を爆散させたの強襲型ドミネーターだよね?宜野座さんの撃った。
ここでも2期とちゃんと繋がってるなーと。

あとこの人の作画安定していてキャラデザというより作画のかんじが好みだった。
だから爆散ちょっともったいないなーっておもったw


・宜野座さんも強くなったね本当!
しかしなんだろうね、もう完成された感あってさびしいね朱ちゃんもだけど・・
キャラとしての成長はもうこれ以上は描かれないだろうな的な

狡噛さんと共闘してからのギノパンチはもう一期の彼からは想像もつきませんでしたよ
カッコよかった。ポニテ違和感あんまなくなってったし。
狡噛さんも朱ちゃんもカッコ良かったけど、
一番カッコ良い印象が残ったのは宜野座さんかも。



そんなこんなで、上映中飽きることは全くなかったし、
ふつーに面白かったし楽しめたんですが、
あまり感動したり衝撃な展開があったり余韻がある映画ではなかったかな。
カタルシスが特にない感。

ちょっと期待しすぎたのと、上にも書いた通り結構予想と違ったのと、
これは個人的なことですが、先週楽園追放見て結構感動したのも影響しているかも。
(これについては下の方の余談で)

最終的に話は解決をみせたものの、
キャラのいる場所が最初と最後でさして変化がないというのもあるかも。
狡噛さんがそう簡単に逮捕されて日本に戻るとも思わなかったけど、
そのまま外国にいるというのもなにか寂しいw

さらにいえば、その国(シーアン)もこれからよくなるかもしれないが
完全に平和を取り戻したとは全然言えないし。
(エピローグで子供が銃を持ってるのを見ると)
その分、シビュラの支配する日本がいかに平和かというのがわかるわけですが。
皮肉なことに。

余韻があんまりだったのは、EDの曲が名前のない怪物で、
あの曲好きだけど特に新しさはないのでそれも影響してるかも。

あとエピローグラストで正義の進化云々あったし、
あー終わったーってよりも、もしかしてなんかまだ続くんだろか?と
思ってしまったし。

だから、最初に書いたように上映後になんともいえない空気が流れたのかなーとw
色々感想があるかんじなのに、
話の咀嚼に時間がかかって、これ!という言葉が最初に出ないような。

なので、めっちゃ感動したいとか衝撃をうけたいという人には
オススメはできないけれど、
サイコパス好きな人はもちろんのこと、
洋画のアクションや戦争映画好きな人は楽しめるのではないかと。

あとこれは偏見かもしれませんが、やはりアクション多めなので、
男性の方が、見ていてわくわくするかもしれない。

少し他の人の感想も見ていますが、まだがっつりとは読めていないので、
ちょいちょい探しに行きたいです。
まだ見ていない人もいるだろうしもっと待ったらたくさん読めるかな。
一期と二期見た人と、一期だけ見た人、一期も二期も見てない人だと
また感想も結構違ってきそう。



■以下はちょっと余談

・先週楽園追放を見ていたのは幸か不幸か
見たこと自体は良かったと思っているのですが、
結構感銘を受けたし余韻もあったしぐっときた場面が多かったんで、
楽園追放を見てしまったばかりに
サイコパスではそこまでぐっときたり、
戦闘シーンすげーってならなかったのもあるかも、と。

もちろん、話の内容やテイストが違うので、
単純比較はできないし、それだけが理由ではないと思いますが。

作画については3DCGより手描きの二次元アニメが好きなんですが、
ストーリーの好みおよび感銘受けた(みてて泣きそうになったり泣いた)度合は
まどか叛逆>>>楽園追放>>サイコパス かな。

他作品同士比べるのあまり好きではないんですが、
脚本が被っているのでどうしても考えてしまう。
とはいえ、サイコパスは虚淵さんと深見さんなのでまた少し違うんですが。
ただ楽園追放とサイコパスはSFという点では比較しやすいというか
ちょっと共通するところがあるので余計意識してしまう。


・客層が色々?
一人で来てる人、男の友達同士、女の友達同士、カップルっぽい人達、
年配の人たち(50~60代くらい?)、と思ったより幅広く偏ってないのが面白かった。

もちろん全員見たわけではないので正確じゃないし実際は偏ってたかもだけど、
色々な人がきていたのは確か。

14日水曜はレディースデイというだけでなく、
TOHOシネマズデイでもあったようでみんな安くなるからいろんな人が来てたのかな。
どのみち来てる事実にかわりはないけど、
ただのレディースデイだったらもっと女子に偏ってたりしたのかも。

サイコパス好きな人がたくさんいるんだなと思って嬉しくなりました。
結構初動?もいいみたいだし。
やっぱり好きな作品だから、メガヒットとまではいかなくても、
そこそこくらいはいってほしいなーと思っていたので良かった。
00:53  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://airbell.blog99.fc2.com/tb.php/348-6672f112

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。