2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.12.18 (Fri)

「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」感想

12/9に見に行ってきました。コースターは渚でした。

原作は1・2巻ともに既読。2巻はちょうど一年くらい前に読了。
現在手元にないため、記憶と照らし合わせながら映画を見て、
以下の感想を書いています。

間違っている部分があるかもしれないので、
原作について言及していても話半分で読んでいただけると幸いです。
(ただもし後で間違いが判明した場合、訂正は入れるつもりです)

【More・・・】

・Free!一期のようなどたばたコミカル?が好きという人には合わないかもしれない。
けど逆にまっとうに部活やってる青春物語が好きな人
(Free!が合わなかった人)はすごく好みかもしれないと感じた。

個人的にはハイスピを見に行った一週間前にハーモニー(原作未読)を見たこともあってか、
物語としてはちょっと刺激が足りなかった。
原作既読ということもあり。

決してつまらないわけではないんだけど、
自分の記憶にある原作といちいち比較してしまって。
(こここうだったっけ!?とか、あっ、あのシーンカットか!?とか)

未読で初見だったら、きっとかなり感想違ったと思う。
むしろ未読の人の方が楽しめるかも。

あと誰にも感情移入できず、かなり物語を俯瞰的?客観的に見てしまった気がする。
入り込めてないというか。
それも多分、原作知っているがゆえに気が散ってしまったのかな。
メインキャラ四人のうちで共感できるキャラがいるとまた感想変わりそう。


・とはいえ、夏也が思った以上に魅力的に感じた。
原作では挿絵がなかったこともあり。
さわやかでいい部長だなーてかんじ。

郁弥を突き放すのは、もう少しどうにかならんかったのかとか思うけど。
弟のために突き放すってなかなかあの年頃でできることじゃないような気がしたのですが、
よほどべったりでこれじゃあだめだって思ったのかな。
(既読のくせにこの辺あまりよく覚えていないという)

あと良かった点は、怜ちゃんがめっちゃ自然な流れで出てきたところ。
あそこはテンションちょっとあがったw
旭が図書館に行くのも納得だったし。
物言いとかもしっかり怜ちゃんだったし。


・映画は終始4人に絞って掘り下げをして、かつ
原作であった重い描写を取り払いさわやかに仕上げたかんじがする。
あまりに重すぎると、2時間で全員のわだかまり?を解決できなさそうだから
仕方ない気もする。

それに、最初読んだとき郁弥結構いらっとするキャラだったんですが、
映画はちょっとひねくれながらもかわいいところがあるかんじ。
旭も明るいながら暗い部分を持ち合わせていたのが、基本明るいてかんじ。

遙と真琴が言い合ったりするのも、解決時ももっと重く暗かった記憶があるのですが
(そして海にいったような?)
プールで着衣水泳してアッサリ解決した感。

そもそも原作2巻を読んだとき1巻と比べると面白くなくて、
2巻の方が長いのにな…長けりゃいいってもんじゃないなーとは思ったのですが、
映画は映画で毒がなさすぎて物足りないかんじも。

すごくまとまっているし作画も相変わらずの京アニクオリティで良いのですが、
良くも悪くも、「毒にも薬にもならない話」という印象でした。
刺激が足りない感。


・宗介が遙の家でコロッケ食べるエピソードカットは少し残念。
あそこ結構好きだったんで。
ただ、どうやらハイスピはFreeにつながる話とのことで、
確かにつなげるならカットやむを得ないよなと。

他には、旭が泳げなくなった原因過去にあるんじゃなかったっけ?とか。
遙が女子と話すシーンっていうかザキちゃん?たち存在が抹消されてたなとか、
尚先輩と遙2人だけで話すシーンってなかったっけ?とか。
だいぶ原作とは違うかんじですね。
全部のエピソードやってたらとてもじゃないが尺足りんもんな。

あと、「マッコウ」が人の感想で言及されてるの見るまで
完全に存在を忘れていた…。
そういや映画に出てなかった!ていうか犬と思いだすのに時間かかった。
遙が飼ってた?か預かってたかしてたやつだっけ?
一緒に浜辺走ってたような。そこら辺の描写は少し好きだった気がする。


そんなかんじです。
思いつくままに書きましたが、また何かあれば追記・訂正するかもしれないです。
02:22  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://airbell.blog99.fc2.com/tb.php/359-dbf002e8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |